歯槽膿漏(歯周病)の治療順序について

歯槽膿漏(歯周病)の治療順序について

歯槽膿漏(歯周病)の治療順序は、おおよそ次の通りです。

①歯周ポケットを測る

②歯肉縁上歯石を除去する(いわゆるスケーリンング)

 この場合、機械(超音波スケーラー)を用いることが多い

③再検査をする。ポケットが2mm~3mmならば、その歯はO.k.

 4mm以上なら、次の治療になります。

③歯周ポケットが4mm以上の歯の歯肉縁下歯石を除去する(SRP)

この場合は、必ず手用スケーラー(手作業)で行う。

④再検査をして、改善していたら(ポケットが2mm~3mmになっていたら)、定期的(2~3か月)毎にスケーリングをする。

⑤歯周ポケットが6mm以上なら、外科処置になります。

ページの先頭へ戻る

24時間受付 WEB診療予約 詳細はこちら