小児歯科

子どもの歯の将来を考える

食事やおやつなどの規則正しい食生活、食後・就寝前のブラッシング習慣など、子どもに対して親御さんが気を配ってあげることで防げるリスクはたくさんあります。「永久歯に生え替わるから」「痛がっていないから」といった感覚で歯科診療から遠ざかっていると、将来、歯の健康維持に苦労するのはお子さま自身。いつまでも健康な歯で過ごせるように、小さいうちから正しいケアをしてあげましょう。

小児歯科は、お子さまの歯と、“歯を大事にする気持ち”を育てる一助を担った診療メニューです。ご自宅でのケアだけではきちんと虫歯を予防しきれないこともあります。正しい虫歯予防と専門家の適切な処置で、生涯にわたって歯の健康をキープするための基礎を築きましょう。乳歯のころからの習慣があればこそ、歯の健康を守ることができるのです。

お子さまのうちから気をつけること

お子さまの虫歯を防ぐために、親御さんが気をつけてあげられる習慣をご紹介します。

時間を決めたおやつタイム

だらだらとおやつを食べていると、虫歯になりやすくなります。時間を決めてメリハリをつけて、楽しいおやつタイムにしましょう。

甘いおやつはみんな大好き!でも……

口の中に糖分が残ると虫歯になる可能性が高まります。チョコレート、アメ、キャラメルなどは、食後のケアがきちんとできるようになるまで控えた方がいいでしょう。

虫歯の原因がお口に残らないように

おやつ・食事後はブラッシングや口をゆすぐなどの習慣を身につけさせましょう。お口がさっぱりする気持ちよさを知ることは、虫歯予防の第一歩です。

乳歯が生えはじめたころから通院を考える

生後半年ほどで生えてくる乳歯。ちいさなかわいい歯も、きちんとケアしておかないと虫歯になる可能性があります。「はじめての歯医者さん」は生後6~7ヶ月から考えましょう。歯並びに関しては、歯が生えそろう2歳半~3歳くらいからご相談ください。

くむら歯科クリニックの小児歯科

ブラッシング指導

正しいブラッシング、仕上げみがきの方法、タイミングや時間などを指導します。自分できちんとブラッシングできようになると、お子さまの自信にもつながります。親御さんの仕上げみがきもふくめて、楽しいブラッシングの習慣が身につけば、虫歯予防の効果もより高まります。

※普段使っている歯ブラシで行ったほうがお子さまにもわかりやすくなります。ブラッシング指導の際には、ご自宅で使っている歯ブラシをご用意ください。

フッ素塗布

フッ素を塗布することで歯質を強化し、虫歯菌の酸から歯を守ります。また、フッ素は歯の再石灰化を促しますので、初期の虫歯であればフッ素塗布で治癒が見込めます。ただ塗るだけですので、はじめて歯科治療を受けるお子さまにも安心しておすすめできます。

シーラント

生えはじめの奥歯には深い複雑な形をした溝があります。特に、6歳頃に生える一番奥の歯(6歳臼歯)は歯ブラシが届きにくいため、食べかすなどがたまりやすく、虫歯になることがよくあります。その溝をあらかじめ樹脂(歯科用プラスチック)でふさぐ処置がシーラントです。毎日のブラッシングに加え、虫歯予防のひとつの手段としてご提案します。

お母さん必見!ワンポイントアドバイス!

虫歯予防のひとつに「だ液をたくさん出す」ことがあります。だ液には口腔内の酸を中和する力があり、歯の再石灰化を促す効果もあります。咬む回数が多いほどだ液はたくさん出ます。

会話しながらの食事は楽しいだけではなく、だ液がたくさん出るという効果があります。咬むことと会話は同時にできませんが、落ち着いた気持ちでよく咬み、お話をすることは口腔内環境にもよいことといえます。

だ液をたくさん出すという意味では、ガムも効果的です。ガムが咬める年齢になったら、おやつとしてガム(キシリトール入り)をあげるのもおすすめです。

ページの先頭へ戻る

24時間受付 WEB診療予約 詳細はこちら