入れ歯

入れ歯の悩みありませんか?

歯を失ったときに、咬む機能を回復させるにはいくつかの治療法がありますが、そのなかでもっともポピュラーなのが入れ歯治療です。装着時に痛みやズレがあるのでは、しっかり咬めないのでは、といった不安をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。これらの不安は、入れ歯が口に合っていないことから生じる不具合です。

診察・調整をじっくりすれば、違和感のない入れ歯が製作可能です。当院では、患者様とのコミュニケーションを重視して、患者様一人ひとりの状況に合った選択ができるようにしっかりとお話を伺います。他院で作ったものでも、違和感があるようならば、お気軽にご相談ください。一緒にぴったりと合った入れ歯をつくりましょう。

保険と自費の違い

入れ歯は使用する素材によって保険が適用できるものとできないものとに分かれます。

保険 自費
保険適用のものを選べば費用も安くあがり製作時間も短く済みます。しかし、選べる素材はレジンに限られています。 自費での製作は比較的高価ですが、素材の選択肢が豊富なのが魅力です。時間はかかりますが、精巧で質のよい入れ歯をつくることができます。

当院の取り扱い入れ歯

保険適用の入れ歯
レジン床
床(顎の内側に接する面)がプラスチック製の入れ歯です。保険が適用されるため、安価に製作できます。修理が比較的簡単であることがメリットです。
保険適用外の入れ歯
金属床(チタン・コバルトクロム)
床が金属製の入れ歯です。薄く仕上げられ、快適に装着できます。また、温度が伝わりやすいので食べ物がおいしく感じられるというメリットもあります。
シリコンデンチャー
床にシリコンを使用した入れ歯です。医療用生体シリコンは透明感もあり、歯ぐきと近い見た目に仕上がります。吸着力が高く、装着時に外れにくいのがメリットです。
ノンクラスプデンチャー
プラスチック製の床で義歯を支える部分入れ歯です。留め金がなく床も半透明のため、見た目がきれいです。
マグネットデンチャー
磁石で固定する部分入れ歯です。留め金が見えず、見た目よく仕上がります。着脱が簡単で、楽にお手入れできます。
コーヌスクローネデンチャー
失われた歯の両隣の歯に冠を被せる義歯です。内部の外冠と一体化した構造で、しっかり支えられますので、強く咬むことが可能です。

きちんと作られた入れ歯であれば、咬む機能も問題なく回復します。当院では、患者様一人ひとりのお口にぴったりと合う入れ歯を製作しています。現在使用中の入れ歯に不具合・ご不満がある場合も、遠慮なくご相談ください。

入れ歯では満足が得られない、お手入れが面倒といった場合は、人工歯根を顎の骨に埋め込むインプラントという選択肢もあります。当院の院長は、ICOI(国際口腔インプラント学会)の指導医もおりますので、安心してご相談ください。

ページの先頭へ戻る

24時間受付 WEB診療予約 詳細はこちら