審美歯科

自然な表情で笑うためのお手伝い

審美歯科とは、歯を美しさと機能の面から整える診療メニューです。健康で美しい歯の維持は、身体だけでなく気持ちの持ち方まで変えてしまうことがあります。歯の色、形、歯並び、歯ぐきの色、咬み合わせなどの悩みを解消することは、より豊かで健康的な生活を送るために重要な要素と言えます。

自然で明るい笑顔を手に入れたい、そんな患者様の手助けをすることが審美歯科の役割だと当院では考えています。審美歯科は、歯の機能回復や維持からさらに一歩進んで、美しさの面でも患者様の健康を考える、総合的な歯科診療なのです。

セラミック治療について

セラミックとは、虫歯の治療時に詰め物や被せ物として使われる白色の素材です。質感が本物の歯に近いだけでなく色や形を調節できるので自然な仕上がりになり、歯の修復に利用されることが増えてきています。

前歯の一部が欠けている場合などは、薄いセラミックを貼りつけて見た目をきれいに整えることもできます。強度が高いので奥歯にも使用でき、口をあけたときに詰め物の金属が見えるといった不安も解消できます。

素材ごとのメリット・デメリット

銀歯(用途:詰め物・被せ物)
見た目:☆☆☆ 耐久性:★★☆
金銀パラジウムかニッケルクロム合金
  • 【メリット】
  • 強度が高いため強い力がかかる部分にも使用できます。保険適応のため安価で治療期間も短く済みます。
  • 【デメリット】
  • 見た目があまりよくありません。経年劣化により金属イオンが溶け出し、金属アレルギーを起こす可能性があります。また歯や歯ぐきが変色する可能性もあります。
ハイブリッドセラミック(用途:詰め物・被せ物)
見た目:★★☆ 耐久性:★★★
セラミック素材に歯科用プラスチック(レジン)をかけ合わせた素材
  • 【メリット】
  • 本物の歯と同等の硬さを再現できます。咬み合う歯を傷つけにくく、長期の使用でも不具合がほとんど出ません。金属アレルギーがないので安心です。
  • 【デメリット】
  • 汚れがつきやすく、変色の可能性があります。
ジルコニア(用途:被せ物)
見た目:★★★ 耐久性:★★★
人工ダイヤとしても使用されるセラミックの一種
  • 【メリット】
  • 見た目がよく、硬度も非常に高く高品質な素材です。金属アレルギーの心配がありません。
  • 【デメリット】
  • 強度が高いため、他の歯とぶつかったときに咬み合う歯を傷つける可能性があります。
メタルボンド(用途:被せ物)
見た目:★★☆ 耐久性:★★★
金属の土台にセラミックを焼き付けたもの
  • 【メリット】
  • 自分の歯に近い見た目を再現できます。土台がしっかりしているため、奥歯の被せ物に適しています。
  • 【デメリット】
  • 裏側から金属が見えてしまうことがあります。金属が溶け出し金属アレルギーを引き起こすことがあります(土台に貴金属を使用すれば金属アレルギーにも対応可能)。
コアの種類
メタルコア(銀合金の土台)
  • 【メリット】
  • 保険適応でもっとも一般的なコア。多くの実績があり、ほとんどの症例で使用可能です。
  • 【デメリット】
  • 硬いため歯が割れてしまうことがあります。被せ物をしたときや歯ぐきから金属が透けて見えることがあります。金属アレルギーを引き起こす可能性があります。
レジンコア(プラスチック製の白い土台)
  • 【メリット】
  • 保険が適用できるコアです。色が白いため、セラミックを被せたときに透けて見えません。前歯や咬み合わせの力があまりかからないところに積極的に使われます。金属アレルギーの心配がありません。しなりがあるので歯が割れる可能性が軽減されます。
  • 【デメリット】
  • 強度・接着に問題があるので、奥歯や深い虫歯の部位には使用できないこともあります。
ファイバーコア(グラスファイバー製の土台)
  • 【メリット】
  • 強度や耐久性、天然の歯に近いしなやかさがあります。歯や歯肉に負担が少ないコアです。金属アレルギーの心配がありません。
  • 【デメリット】
  • 保険適応外です。

削らずに歯を白くする方法もありますホワイトニングについてはこちら

ページの先頭へ戻る

24時間受付 WEB診療予約 詳細はこちら