一般歯科・根管治療

虫歯について知っていますか?

甘いものを食べると虫歯になるとよくいわれますが、虫歯になるしくみ、本当に知っていますか?

私たちの口の中にはたくさんの細菌が存在します。そのなかでも虫歯の原因となるのが、ミュータンス菌、ラクトバチラス菌です。これらを総称して「虫歯菌」といいます。虫歯菌は食事の際に口に残った糖分を栄養にして増殖し、虫歯菌以外の菌も棲みつかせます。このとき増えていくネバネバしたものがプラーク(歯垢)です。

虫歯菌は酸を作り出し、歯の表面のエナメル質を溶かし、いずれ歯に穴をあけていきます。この状態が虫歯なのです。

虫歯の進行段階と治療法

虫歯にはCO、C1、C2、C3、C4の5段階があります。

CO
虫歯の初期段階。ここでしっかり治療し、進行を止めることが大切です。
溶けている部分 エナメル質
見た目 白っぽい
自覚症状 なし
治療法 フッ素を塗る。歯磨きをしっかりする
C1
エナメル質が溶けた虫歯。歯科での治療が必要ですが、一度の治療で終わることがほとんどです。
溶けている部分 エナメル質
見た目 黒っぽい。穴があいている
自覚症状 痛みはまだない
治療法 削る・詰め物で保護する
C2
象牙質まで進んだ虫歯。痛みが出はじめます。ここで治療すれば歯の神経を除去せずにすみます。
溶けている部分 エナメル質・象牙質
見た目 黒ずむ。大きく穴があいている
自覚症状 冷たい物・熱い物・甘い物がしみる
咬むと痛い、疲れると痛い
治療法 削る・詰め物で保護する
C3
歯髄(しずい)まで進んだ虫歯。ここからの治療には時間も費用もかかってきます。
溶けている部分 エナメル質・象牙質・歯髄
見た目 大きく穴があいている
自覚症状 なにもしなくても激しく痛い
治療法 根管治療が必要
C4
神経が死んでしまうほど進行した虫歯。歯冠がなくなり、歯の機能回復治療が必要です。
溶けている部分 エナメル質・象牙質・歯髄
見た目 歯冠がない
自覚症状 神経が死んでいるので痛みがない
歯根部に膿がたまると激しく痛い
治療法 抜歯が必要
入れ歯・ブリッジ・インプラントなどの補綴治療で歯の機能回復を行う

ひとくちに虫歯治療と言っても、あまり削らずにすむ方法もあります。麻酔やレーザーを使用することで治療の痛みを抑えることも可能ですので、できるだけ早くご相談ください。

虫歯のその後を決める根管治療

歯の内部で神経や血管が入っている軟らかい部分を「歯髄(しずい)」といい、その神経や血管が通る細い部分を「根管(こんかん)」と呼びます。根管内に再度細菌が入ってしまうと数年のうちに感染し、再治療が必要になるため、根管内の精密な治療が必要です。ただし、根管は曲がりくねった複雑な形状をしているため、肉眼では正確に確認できません。歯の神経を除去すれば痛みは消えますが、それだけでは虫歯が治ったとは言えません。

虫歯が歯髄まで進行した場合に、死んでしまった歯髄や汚染された象牙質を取り除き、きれいに掃除し、消毒するのが根管治療です。根管治療をしっかり行えば、抜歯することなく、歯の機能を回復させることが可能です。その後も歯が使えるかどうかは、きちんとした根管治療にかかっているのです。

根管治療の流れ

1.歯髄や象牙質を取り除く
虫歯によって細菌に感染した歯髄を除去します。

2.根管内を消毒
根管内を洗浄後、薬剤を注入し消毒します。

3.樹脂を詰める
消毒した根管内に樹脂を隙間なく詰め、密封します。

4.被せ物で保護
歯の機能を回復させるため、被せ物をして保護します。

虫歯になる前に、早めに歯科医院で適切な処置をすることが大切です。根管治療をしなくてもすむ虫歯予防とメンテナンス

ページの先頭へ戻る

24時間受付 WEB診療予約 詳細はこちら