インプラント

失われた歯の機能をとりもどす

インプラント治療は、歯を失った部分の顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め、人工歯を装着する治療法です。「人工歯根療法」とも言われます。入れ歯のようにズレることも、ブリッジのように周囲の歯を削るといったこともありません。

歯を失ってしまっても、インプラント治療によって、もとの自分の歯のような感覚でしっかり咬むことができます。以前のように食事や会話ができ、快適な生活が期待できる注目の治療法です。

当院の院長は日本口腔インプラント学会専門医・国際インプラント学会(ICOI)の指導医です。豊富な知識と経験により、CTなしでも精度の高いインプラント治療が行えます。ただし、口腔内の状況に応じて、お近くの提携医院でCTを撮影していただくこともあります。

他の治療との比較

歯を失ってしまった場合の治療法としては、入れ歯・ブリッジ・インプラントという選択肢があります。当院では、口腔内の状況と希望を考慮して、最適と思われる治療法を患者様と一緒に選択いたします。感覚には個人差はありますが、下記のようなことが想定されます。

入れ歯
治療期間 比較的早く、簡単にできる
身体への影響
  • 歯を削らない
  • 周囲の歯にダメージを与えることがある
  • 顎の骨や歯ぐきがやせやすい
見た目 目立ちやすい
装着感
  • 硬い物が咬みにくい
  • 食べ物の味や温度が伝わりにくい
  • 違和感・異物感がある
  • 発音しづらい
  • 使用中に外れる心配がある
保険適用 可能
管理
  • 食べかすがたまりやすく洗浄の必要がある
  • 変形を防ぐために水に浸けての管理が必要
ブリッジ
治療期間 比較的早く、簡単にできる
身体への影響
  • 支えとなる両隣の歯を削る必要がある
  • 土台となる歯や周囲の歯に負担が大きい
見た目 比較的自然
装着感
  • 違和感が少ない
  • 周りの歯が痛むことがある
保険適用 可能
管理 ずれると食べかすが詰まることがある
インプラント
治療期間 治療が長期にわたる(最短3ヶ月)
身体への影響
  • 周囲の歯への負担が少ない
  • 顎の骨がやせにくい
  • 手術が必要で、持病によっては治療できないこともある
見た目 自然で美しい
装着感
  • 違和感がない
  • 本物の歯と変わらない咬み心地
保険適用 適用外
管理 メンテナンス次第では長期間(10年以上)の使用が可能

インプラントQ&A

Q.痛くないですか?
A.手術時には麻酔をしますので、痛みに対する心配はあまり必要ありません。まったく痛くないということはありませんが、抜歯の際の痛みと同程度の軽いものとなります。
Q.体に影響ありませんか?
A.悪影響はありません。顎の骨に植える人工歯根の素材は、身体になじみやすく、腐食しないチタンです。生体親和性も高く、拒絶反応の心配もほとんどありません。
Q.何を食べてもいいのですか?
A.しっかりと固定されているため、天然の歯と同じように咬むことができます。何を食べてもかまいません。入れ歯のように、食べ物がつまったり痛みがあったりといった不快感もありません。
Q.見た目でインプラントしていることがわかりますか?
A.自然の歯と見分けがつかない仕上がりとなります。入れ歯やブリッジのように留め金が見えることもありません。人工歯の色や大きさが選べますので、患者様の希望や残っている歯に合わせてつくることができます。
Q.インプラント治療が可能な年齢は?
A.骨の成長が止まる16~18歳くらいからインプラント治療が可能です。高齢の場合は、一般的には80歳くらいまでと言われています。しかし、持病などにより手術に耐えられないと判断される場合はこの限りではありません。

インプラントはやっぱり不安……いう方のために入れ歯という選択肢もあります

ページの先頭へ戻る

24時間受付 WEB診療予約 詳細はこちら