歯周病治療

歯周病は、思いもよらない病気を引き起こすことも

日本人の約8割がかかっている!?歯ぐきから出血した経験はありませんか?

ブラッシング時に歯ぐきから血や膿が出るといった経験はありませんか? 歯周病は成人のうち約8割がかかっている、もしくはその予備軍ではないかと言われている病気です。日本人が歯を失う原因の大部分が歯周病であり、もはや「国民病」だとも言われています。

プラーク(歯垢)から引き起こされるのが虫歯ですが、プラーク内には歯周病菌も生息しています。歯周病菌は歯ぐきに炎症を起こし、歯を支える歯周組織を破壊していきます。そのまま進行すると歯を支える顎の骨まで達し、最終的に歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気といえます。

歯周病と全身のトラブル

歯周病菌は口腔内にのみ影響を及ぼすのではありません。口は人体への入り口です。最近の研究で、何かの拍子に歯周病菌が体内に入り込むと、重篤な疾患やトラブルを引き起こすということがわかってきました。

心臓疾患 肺炎 糖尿病 早産
心臓に菌が入り込んで心内膜が炎症を起こし、細菌性心内膜症を発症。炎症により血栓ができると、心筋梗塞や狭心症が引き起こされます。 歯周病菌が肺に入り込むと、組織に炎症を起こして肺炎を引き起こします。 歯周病が糖尿病を引き起こすとも言われるほか、糖尿病患者の方が歯周病にかかると症状が悪化するといった危険性も指摘されています。 女性の場合、歯周病菌による炎症が子宮にまで影響することがあり、早産や低体重児の出産確率が約7倍になるとも言われています。

歯周病は初期に自覚症状がほとんどないため、気がついときには重症化していた!ということも決して珍しくありません。毎日のブラッシングをこまめにし、ちょっとした変化に気を配り、予防することで、恐ろしい歯周病や歯周病を原因とする疾患から体を守ることができます。

当院では、歯周外科出身の院長が施術していますので、安心していつでもご相談ください。

自覚症状のない歯周病には予防が重要です 予防歯科

歯周病の進行段階

歯肉炎(初期段階での予防・対策が重要です)

【状態】

プラークが歯周ポケット(歯と歯ぐきの隙間)に溜まっている状態。顎の骨にはまだ影響はない

【症状】

ほとんどない、歯ぐきが腫れる

【目安】

ブラッシング時に歯ぐきからの出血することがある

軽度歯周炎(早く歯科医院で治療しましょう)

【状態】

プラークが硬化した歯石が歯周ポケットの奥に溜まっている

【症状】

顎の骨が溶け始めている。歯周ポケットが3~5mmと深くなり、歯ぐきが下がる

【目安】

歯が長くなったように見える

重度歯周炎(放っておくと歯が抜け落ちます)

【状態】

顎の骨が半分ほど溶けている

【症状】

歯がグラグラするといった自覚症状がある

【目安】

歯ぐきから膿が出ることもある

治療方法

初期の場合
スケーリング・ルートプレーニング
スケーリングは目に見える部分のプラークや歯石を除去する治療。ルートプレーニングは目には見えない部分からプラークや歯石を除去し、歯や歯根の表面をなめらかにし、歯石が再付着するのを防ぐ治療です。施術後は歯間に隙間ができたり、歯が長くなったように見えたりしますが、すぐに元に戻るため心配はありません。
レーザー治療
レーザーを照射し、歯石を除去し、炎症している歯周組織を焼き取る治療法です。レーザーにより細菌の数が減り、傷ついた組織の再生を促します。また、レーザー治療後は、プラークや歯石が付着しにくいという特性があります。
重度の場合
歯周ポケット掻爬術(そうはじゅつ)
歯周ポケットが3~5mm程度の軽度歯周炎の場合に、歯周ポケット内側のプラークや歯石、炎症を起こしている部位を除去する手術です。麻酔を用いる必要があるほか、肉眼で確認できないので、高い技術力が必要とされます。
フラップ手術
歯周ポケットが6mm以上と進行している場合、歯ぐきを切開し、露出させた歯根の深い部分についた歯石を除去・清掃します。切開手術ですので、麻酔を使用します。
GTR法
歯周ポケット清掃後にメンブレンという膜を設置する再生療法です。治療後、歯槽骨などの歯周組織が再生する前に、歯肉が入り込んでしまうことがあります。GTR法で、不要な歯肉の入り込みによって歯周組織の再生が阻まれることを防ぎます。
エムドゲイン
エムドゲイン・ゲルという薬剤を歯周組織の欠損部に注入する再生療法です。薬剤は歯肉が入り込むのを防ぎ歯周組織の再生を促します。また、この薬剤は体内に吸収されるため、薬剤除去のための手術が必要ありません。GTR法と比較しても手術が簡単です。

ページの先頭へ戻る

24時間受付 WEB診療予約 詳細はこちら